Archive for the ‘ぼやき つぶやき 駄エッセイ  ’ Category

つぶやき:オウム犯大量死刑

死刑制度には反対だ。
*冤罪の可能性がある限り(現にいくつかの実例を見ている)反対だ。極刑は取り返しがつかない制度だ。
*そもそも主権者たるワシらが「国家」に裁きの権能を与えることの必要必然は解かるが、「殺す」権能を与えているとは思わない。「殺す」それは別領域の事柄だ。

*「罰」の終了が「罪」の内容・意味・深度に向き合う当事者と世の義務を奪いはしないか、つまり「罪」と「罰」は違うという視点。
*他国を見れば、厳罰が重大犯罪の減少を結果しているのでない。
*被害者の心情は、必ずしも「極刑」によってのみ満たされるものではない。それこそ「復讐するは我にあり」だと思う。(神が言ったという。「人間に復讐の権能を与えてはいない。それは我の領域だ。」と)

今回の多数名同時処刑に震えて、明治以降、複数同時極刑の例を見てみた。
△「秩父困民党蜂起」(1884年):(1885年、田代栄助・井上伝蔵ら7名に死刑判決。井上は北海道に逃走の果て死亡)、
△いわゆる「大逆事件」(1910年):(1911年、幸徳秋水・宮下太吉・大石誠之助・菅野スガら12名処刑)、
△「2・26事件」(1936年):(1937年、首魁とされる野中大尉・香田大尉・磯部主計・北一輝・西田税らを含め計32名処刑)
△【別格】「極東軍事裁判」(1946年)(1948年、東條英樹、板垣征四郎、広田弘毅、松井石根、木村兵太郎、土肥原賢二、武藤章に死刑判決。A級戦犯7名は、1948年12月23日 当時の皇太子=現明仁天皇の誕生日に処刑された。)(一方、翌クリスマスの日、岸信介・笹川良一・児玉誉士夫らA級戦犯容疑者19名が釈放された)
などがある。

複数名同時極刑に込めた支配者たちの、その後の支配方針への断固たる意志表明か? 例えば岸放免は親米政権への布石だ、とか・・・。
現政権は、オウム麻原等7名への同日処刑にいかなる「意志」を示したのだろうか?
オウム犯罪という、何人も容認できない非道への「処罰」という場を得て、歯向かう者への戦後各政権には無かった断固たる構えを示したのか? が、「罪」と「罰」の混線が気になる。
自らが撒いたサリンを片付けた駅員を死亡させた医師林郁夫には、その供述が地下鉄サリン事件の全容解明への突破口を開いたので「自首」に等しいと、検察が死刑求刑ではなく無期懲役を求刑した。他方で、各実行犯の関与の度合い・犯意と被害の質と量・行為と結果を巡って混線があると識者は言う。ワシには解からん。

いずれにせよ、刑執行を明日に控えた晩に、法務大臣による万歳三唱の音頭取りはないだろう!

 

極刑の
朝は国ぢゅう
土砂塗れ

つぶやき:東京オフィスからの撤退&移住した三男一家訪問

【6月4日】

6月8日9日10日の金土日は東京へ行く。
2016年末から一年強の半休業、昨年~今日まで東京撤退の上、完全休業。
腰脚の不具合は改善しないばかりか、時に激しくもある。
雇い主と話し、事務所二階に残している布団・衣類・食器等生活用品を片付けることになった。腰脚事情から女房が手伝いに同行する。
茨木へ送ることもないモノは、ゴミとして若いメンバーに後日処理してもらう。
雇い主は「体調が戻れば、また協力して下さい」と嬉しいことを言ってはくれるが、今回の東京行は宿泊を伴うものとしては最後かもしれない(?)。
奇妙なものだ、6月10日14:00から、安倍政権の退陣を要求する 国会前大行動がある。
北関東に移転した三男夫妻(+孫娘三人)を、10日に訪ねようかと話していたが、国会前へ行きたい気分も抑え難い。う~む、最後のまとまった時間の東京をどうしようか?
時間的には両方は無理としても、どちらか一つは果たしたい。

 

6月11日 【私事 東京オフィス引退】
8日9日10日と、東京オフィスからの完全撤退(仕事柄=商業施設設計施工ゆえ徹夜を含み力仕事もありで、ちょっと無理)の片付け・荷造り・衣類食器などの処分・ゴミ処理・荷発送の「最後の仕事」で東京へ。
たまたまオフィス近隣はちょうど荏原神社の祭りで山車が出て大賑わい。ワシの引退を惜しんどるでと言うと、HELPで来ていた女房は「うるさいのが東京から逃げて行くのを街が祝ってるで」と減らず口。
まぁ、HELPのお陰で9日午後には仕事は終わり、今春茨木市から茨城県T市へ転居した三男一家(教員、茨城県で大学と院卒、妻の実家茨城+孫娘3人)を訪ねることができ、泊まった。これがあるから女房のリキの入れ方が尋常ではなかったんやな。
ワシも気を揉んでいた訳ではないが、元気な一家にホッっ。孫娘3人も新しい環境を受け容れ、早速ミニ・バスケットなどの得意領域にハッスルしているらしい。翌10日は、利根川を挟んで20分の千葉県A市に暮らす兄(ワシの実兄)を訪ね久し振りに会い、遅れて国会前へ・・・。
地下鉄乗り換えで二人でウロウロしていると女房が「映画『東京物語』のジジババみたいやね」と呟く。
念願の三男一家訪問と国会前行動、どちらか一方は実現したいと思っていたが、運よく両方果たすことが出来た。
腰脚不具合時に荷造りと雨中の国会前、充分骨身に堪え、アベ世を想い知らされた気分。このままでは終われないとは爺の独り言。

2006年からの某社(破産した自主経営会社の取引先が呼んでくれた)東京へ単身赴任(文字通り当初2年ひとり事務所)

2016年からの腰脚不具合で現場減少。

2017・18の東京現場回避・ほぼ大阪の状態、今回の完全撤退(若いメンバーに委任)、

dav

「さらば東京」ってな気分ではありますが(中原中也 詩集『在りし日の歌』「さらば東京! おおわが青春!」一九三七年)、ワシは爺だ。
本日は、新潟知事選の敗北もあって、すこぶる腰が痛いです。

つぶやき:日大アメフト部傷害事件に  軍隊を・現政権病理を・官僚機構を 見る

日大アメフト部傷害事件に
軍隊を・現政権病理を・官僚機構を 見る

http://biz-journal.jp/2018/05/post_23436.html
加害青年が会見で言った次の言葉こそが今回の事件の救いだし、この20歳を「ふむうむ」と思わせた。もちろん称賛ではない、辛うじての救いだと言いたい。

『少し考えれば、自分がやったことが間違っているというのを前もって判断できたと思うので、そういう部分で自分の意思というのを強く持つことが今後、重要だと思いました。』
『自分の意思に反するようなことはフットボールにかかわらずですけども、全てにおいてするべきじゃないなと思います。』

イラク/スーダン派遣実態の隠蔽・裁量労働制強行の為の偽装資料・森友文書改竄国有財産違法処理ゴミ偽装・加計学園への私的厚遇とその経過の隠蔽偽装・・・、などに汲々とする茶坊主議員よ・官僚どもよ、
この加害青年の肉声をよ~く聴け!

この加害青年は会見で謝罪を繰り返し、監督・コーチ・チームの文化・風土と心情を吐露したが、自衛隊員はパワハラ体質・命が危険に晒される局面で、この現象的心理的「苦境」から抜け出すには、たとえ「無辜の市民」が死ぬとしても上官・隊長の指示する「突撃」しかない、と行動するだろう。
ワシならそうしてしまうかも・・・と想う。
だから、憲法遵守義務を負う公務員たる自衛隊員が、憲法9条=『国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。』を骨の髄まで体得していなければ、海外で他国の無辜の市民を撃つに違いない、と強く思った。
国家の戦闘力として個々の隊員の思考として、「9条」精神がよほど根付いていないことには、自衛隊は必ず他国の民を撃つだろう。

ぼやき:【日大アメフト部事件が示すもの】

【日大アメフト部事件が示すもの】2018年5月19日

事態が明らかになった時点で、アメフト協会が毅然として処分すべきだろう!
廃部が当然だが、最低でも一定期間対外試合禁止・二部への降格・監督コーチの辞任などなど
できないアメフト協会はアウト!
行き過ぎた危険プレイなどではなく傷害事件だ。

そもそもの発案趣旨・初期対応・イカサマ謝罪・・・何と現政権に似ていることか!
が、日大アメフトだけではない最近の大企業・官庁の不祥事と言うより「悪意に満ちた」事件の数々は、何かの「崩壊」を想わせる。
無いのに在る振りをし続けて来た、戦後社会を各方面・各領域でカヴァーしていたはずのものが、決定的に「無い」のだということを示している。
それは「公」「公理」「公共」とそれを支える精神「自然法」「産業道徳」「コモンセンス」といった「言わずもがな」項目の数々だ。日本国憲法の10条以下には、その精神を語っている。
神戸製鋼の耐久性データの偽装、タカタの欠陥エアバック、日産・三菱の無資格製品検査、アマゾンン値引販売額の業者補填強制、電通の女性新人社員100時間超違法残業、東洋ゴム免震ゴム性能改竄、原発事故の内容/汚染状況/安全対策/廃炉手順/他に関する夥しいウソ情報、他・・・
一方、官公庁はどうか? イラク/スーダン派遣実態の隠蔽・裁量労働制強行の為の偽装資料・森友文書改竄国有財産違法処理ゴミ偽装・加計学園への私的厚遇とその経過の隠蔽偽装・・・、権力者の夫人の振舞いを「一私人」だと言いながら公務員を秘書として配し「公務」扱いするの愚を、政権内部で誰として組織的異論を吐かない・咎めないという異常。
いま日大アメフト部が、もうここにまで「崩壊」が及んでいることを示している。
ほんの数十年前まで、自民党政権の重鎮にさえあった「恥じる心」「人道」「コモンセンス」「知性への畏敬の念」・・・日本社会はそれらの息が絶える断末魔に在る。
間もなく修復・恢復不可能な「崩壊」領域に達する。そうさせてたまるか!

つぶやき:キキ・ココ誕生日

我が家の猫姉妹は、昨年七月 生後三月でやってきた。だから、昨年四月末か五月初め生まれのはずだ。ということは。この連休中に満一歳を迎えていたことになる。キキ・ココ、失礼したな。
遅れたが、満一歳おめでとう。
それにしても大きくなったな!

駄エッセイ:スポーツマン・シップ と シップ=舟

【地に堕ちた日大アメフト部障害事件に想う
ースポーツマン・シップ と シップ=舟 ー 】

ラフプレイ?  明らかに傷害だ!

スポーツマン・シップ・・・。 シップ・・・・。
舟=ship(ふね、ボート)は 古英語[scip]&オランダ語[schiff]からの変化だそうです。
もとは、「切る」「割る」を表すヨーロッパ語の語源[skei-]からの変化であるゲルマン祖語の「木をくり抜く」=[skipan]から来ているらしい。
舟を作る作業・工程=木を切り・割り・くり抜く、文字通りカタチ無き状態から「作り出す」ことに、舟=shipの語源があるそうだ。

太宰治はある処(注:下記コメント)で「マザー・シップ」という言葉を使っていたが、これは明らかに母船・補給船ではなく「母性」「母である精神」を意味していた。
で、フレンド・シップ、リーダー・シップ、パートナー・シップ、スポーツマン・シップなどと使われているシップの由来を調べてみた。
『「名詞+シップ」は、その名詞が表す状態になるため、そういう状態を維持するのに必要な構え・在り方・技量・精神・知性・気概 等を表す。』だそうだ。
ただそこに在る名詞が指し示す単なる物ではなく、その名詞を意味ある存在にして行く工程を経て、物と人との関係性に照らし出されて再登場する「生き物」としての名詞。
舟の語源と***シップの語源が、カタチの無い状態から「作り出す」という意味の共通語源からの言葉だと知り、何か込み上げるものがある。
ふと、憲法の二つの条文を思い出していた。「不断の努力」「自由獲得の努力の成果」「過去幾多の試練に堪へ」「信託されたものである」

【日本国憲法 第十二条】
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
【日本国憲法 第九十七条】
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

元始シップは、自然物と「作り出す」人間の努力の全体に命を吹き込み、その名詞をより高次の存在に押し上げた。
憲法97条が言う「信託主」=自然法・天賦の意味・良識・公理=は、「日本国憲法シップ」をこそ期待している。
日大アメフト部の地に堕ちた擬スポーツマンシップから、つくづく思うのは国会議員シップ・立憲院シップ・公僕シップ・公文書管理シップなどだ。
現政権が行なってるのは、日大アメフト部の比でない「ルール無視」「反立憲」「隠蔽・改竄・焼却」のオンパレード、歴代保守政権もビックリの、シップ無視蔑視の無法ぶりだ。シップの由来や歴史を経た知性など眼中にない。
奴らに「シップ」を説いても無駄だが・・・。

駄エッセイ:手強いぞ! 天皇リベラリズム

安倍+安倍背後勢力は難敵だが、
英国型皇室を目指すらしい皇室。今年もまた「春の園遊会」。そこに嬉々と馳せる有名人、その全体像を好情を持って観ているワシら(?)。
多くの「民」は、冬季オリンピックの勇者に特段の嫌忌の想いは無い。

古代からの神話伝承史実の剽窃/改竄・天皇家の歴史・明治~昭和の天皇制絶対体制/皇国史観と軍国/戦争と天皇の役割 等を不問に付し、万世一系だとして維持される現行天皇制が、ワシら「民」の主権者性と矛盾することなく併存する理路の在りや無しや?
ある意味で、安倍+安倍背後勢力とは別のそれ以上に強固にして根本的な課題だ。

鈴木氏が言う「国体としての天皇リベラリズム」に拮抗し得る、全「民」的論議も構想もワシらは持てていない。
憲法擁護の心情的シンボルとして天皇を担ぐ体たらくだし・・・。

ぼやき:玄関の冷凍庫

2018年1月23日

あるご家庭の玄関入ってすぐの廊下には、業務用冷凍庫がデーンと座って居られる。
この冷凍庫は常時満杯で、底の方に「昭和」の日付の商品が眠っているのではないか?と思われるほどだが、まだ下層部を拝見したことは無い。大阪常住となってかなりになるので、一度疑問に思う点を問うてみた。
「アホぬかせ! 動いてないように見えて海流のように常時入れ替わっておるぞ。欲しいもん言うてみい。何でもあるぞ。非常時用食材庫も兼ねとるんじゃ!」と返って来た。海流?ワシはその深海を訊いとるんじゃが・・・。
まぁ、事実、麺類・パン・冷凍保存可能な肉・魚・野菜・加工食品など豊富で、実は確かに、数日放置されても困ることはなく重宝しとる。突然の友人来訪にも対応できる。
深海を探りたいが、腰・脚の具合であいにく深海探索はまだ出来ていないが、きっと昭和の日付を発見することになると思う(笑)。
ワシの記憶では、子はみな成人し独立 孫もおられる。現在老夫婦二人+猫二匹暮らしだが、こんなデカイ冷凍庫が要るんだろうか? いや、直接はとても言えない。
ゴミ屋敷(小屋)予備軍間違いなし!

 

つぶやき:女房の母親。

体調の関係で、ここ半年前後、家に居ること多いワシに与えられた任務は、四人の子どもたちやワシらの写真の整理だ。永年の未整理の写真は無秩序にでっかいダンボール箱に投げ入れられており、まず ①誰のものか②いつの時代のものかで、大枠で小箱に仕訳して、やがて箱ごとに詳細分類することにはなっているが、そこからは各自にやってもらおう。
厖大な枚数が詰まっている「ゴミ写真箱」は、第一段階の大枠での仕訳というのが終わっていない。近所に住む息子からは「写真整理が終われば命が終わるんとちゃうか?」と嗤われている。
その整理の最中、興味ある写真に遭遇した。
1994年、73歳で肺がんで他界した妻の母の若かりし日の写真だ。
満州に居た、歌劇団に居た、命からがら引き上げて来た・・・などと、妻から断片的に聞かされては来たが、この数枚の写真に「釘付け」となった。
「バアさん、オモロイ話がいっぱいあるだろうに、聞かせて欲しかったなぁ~」と義母の生涯を想った。

1920年大阪に生まれ育った妻の母は、某歌劇団に居たらしい。
1930年代末(だと思う)に劇団の一員として満州に渡ったと聞いた。
真偽のほどは分からないが、満鉄かその関連企業に勤めていた妻の父が熱を上げ求愛した(ことになっている)らしい。能天気な娘(妻)は、母親がこんなに早く逝くとは思っていなかったからだろうか、母親の生涯をほとんど知らないのだ。この写真を見ただけでオモロイのに・・・、もったいない! 意外にも妻の兄(米子市在住)がよく聞いているかも・・・。
1944年に男児を得(病死)、1945年に第二子(妻の兄)を得、幼い子を抱え夫(妻の父)と共に帰国し夫の故郷島根県広瀬~鳥取県米子市に住んだ。1949年女児(妻)を得た。
多人数兄弟の末っ子にして商業高校卒亜エリートたる、青雲の志(?)を秘めた青年。やはり多人数姉妹だった駆け出しの歌劇団員……。それぞれの事情で独りで生きてゆくべく、満州へ向かった多くの昭和の青年男女大衆の典型でもあろう、妻の父母の自分史は昭和前半史の渦の中に埋もれている。
云わば、膨大な昭和難民・棄民の一人でもあった。

「濁流だ濁流だと叫び 流れゆく末は泥土か夜明けか知らぬ 」
(斉藤史 『魚歌』1930年昭和15年)

画像は、歌劇団時代の彼女だが、右上の写真など最近のワシの娘(44歳)が似てきたように思う。左下の写真は、ラインダンスの左端が彼女だろう。写真中央は、初孫(ワシの娘)を抱くバアさんです。1976年55歳だと思う。
おい、能天気娘、己が母の生涯くらい把握しとけよ(笑)!
芸人の魂が貴君に宿っているのなら、30年以上前の某争議(破産法下 職場バリケード占拠5年~占拠中に始めた労組自主経営20年)に中止要請めいた言を発しなかったのは、バアさん譲りの「河原乞食」魂かなと思うことにしておく。

 

つぶやき:ココ・キキ 康介古希こき下ろす。

先輩が「70歳を過ぎての誕生日は、生前葬のようなもので、[刻一刻減って行く残された時間]を刻む砂時計だ」と言う。
別の先輩が「人は、生まれた時から死までに [残されている時間] を生きているのだよ」「コウちゃん『私を離さないで』読んだ?」と解かったようなことを言う。

10数年前、ワシが勝手に「師」とお呼びしている熊沢誠先生が、大学退官を控え年賀状に加藤楸邨の句を添えられました。
「チンドン屋 枯野といへど 足をどる」
数年後ドキュメント大著を著わされ、その後も各領域で御活躍され今なお発信や行動を続けておられます。あの句は並々ならぬ決意だったのだと思い至るのです。
孫の成長だけが希望という周りの爺を嗤えません。それに近い心境へと誘惑されては、孫に「失望」と「絶望」を遺して何が「希望」だ!?と、我に還る日々でありたい。
ワシは70歳の誕生日に、「軍国保守二大政党制」or「自公希大連立」かという作られた擬制選択を見せつけられ苛立ちながら、気の利いた「希望」のセリフ一つ吐けませんが、くたばりたくはありません。

みなさま、文句垂れ爺にメッセージありがとうございました。

 

Search