ほろ酔い交遊録:All That Jazz 2018 西成難波屋

【最高の一夜 9月22日(土)】
パギやん&板さん『All That Jazz 2018』 於:西成「難波屋」。
のっけから趙博のオリジナル曲で一番好きな(と、昔、彼に伝えたことがある)『合わせ鏡』だ。聴く度に逝った友・先輩・仲間と、その時間が込み上げ苦し懐かし痛いのだ。けれど、この出だしから今夜がワシの為のライブだと勝手に思えるから不思議。
続いて、
ワォ~、北原ミレイ『石狩挽歌』ジャズ風アレンジにはド肝を抜かれた!
ワシの大好きな歌でして(それがどうした?)、カラオケでよく歌うのだ。
歌詞の「わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る」に圧倒され、「今じゃさびれた」「ニシン御殿」のその背景の作詞者なかにし礼さんのご実兄の波乱の生涯が思い出され万感迫るのだ。これが、ジャズに・・・?
どうなるのやらと息を呑んで構えた。果たせるかな、パギ+板橋文夫のジャズ風『石狩挽歌』は圧倒的だった。足元から震えるような曲と歌唱だった。隣で感極まった女性がボロボロ泣いている。こう料理されては、なかにし礼さんも作曲者浜圭介さんも北原ミレイさんも文句はないだろう。
ビリー・ホリデイ「Strange Fruit」、数十以上あるというアリランに関する未完の「アリラン考」を書くぞとの表明をして歌った「アリラン」も秀逸だった。
終盤歌った「ヨイトマケの歌」は、これはもうパギの独自域だと言える。その云わば「当事者性」は、同じく近似の世界を抱える聴衆の胸に刺さり、**さん、++さん、〇〇さん、などが今夜もボロボロ・・・、歌唱と聴衆が一つになっていた。歌の力だ。
板橋文夫さんの「渡良瀬川」は聴くこと二度目だが、川の全体を写術的を超えて力強く繊細に表し、音楽に不案内なワシにも届いた。圧倒されます。

9月初めに鶴橋の焼肉屋に駆けつけてくれ相談に乗ってもらった、来日中のカミ・ニルソン(25年前の不法対滞在10年のイラン人:カームラン・タビビアン)君が、「22日は約束があるから」と「魚+寿司」の店の研修仕事をオフにしたので「何?」と訊くと、「あなた忘れたの?チョーさんだよ」と憶えていて催促され脚を引きずって今夜彼と参加したのだった。
そう言えば、助言をもらったその席でパギが「22日空いてたら来はったらよろしいねん。3年前訪日時に釜に投宿してたんなら西成警察しってまっしゃろ。あの近くですわ」とチラシを渡したのだった。約束だと言うカミ君も誘ったパギも律儀やのう。お陰で最高の夜を満喫したよ。おおきに・・・!
どうしてもPhoto を撮って、と言うカミ君の希望でパチリ、画像右下の一葉。

アジール空堀:『ゆきゆきて 神軍』上映会+原一男監督講演会

【「ゆきゆきて 神軍」上映と、原一男監督講演】9月17日 13:00~
谷六「小劇場 ほっとすてんしょん」参加者:35名

楽しくスリリングな集いでしたね。
昔観た際は、「ゆきゆきてブーム」「奥崎礼賛」の洪水下での「他の観客」への違和感を抱いていた。想えば、思い上がった感情だったか。
齢(70歳です)相応に相対化されてか、講演での原さんの懐の深さに救われてか、その感情が随分薄まったのを自覚できました。
当時の他の観客への思い上がった感情というのは、概ね下記の二点のようなことでした。


「大きな暴力」に対する暴力的抵抗の正当性を力み返って主張している君、
ワシも君とこころを同じくするものだ。ほぼ異存はない。
が、暴力の重量と自己嫌悪を理解することのない軽さの文脈で語って欲しくないのだ。
理不尽な暴虐への、弱者の抵抗権としての反撃の暴力を認めつつ、暴力を超えたいと希うワシです。奥崎氏にもそれを観たのです。
暴力、ワシにとってそれは永遠の未解決事項だ。
軽々しく礼賛されては辛い・・・そんな想いだった。


奥崎氏に糾弾される側の者たちを、卑劣漢・上からの言いなり野郎として自分とは無縁な者たちだと断じて、ハイ終了という視角に違和感があった。
彼らを「戦争の被害者」だとして一斉救済する気などは一切ないのだが、父・叔父つまり自身の肉親であったとしても不思議ではない者たちだ。自分であるかもしれない。
「視た・体験した」事実を伝えるべきだ、と強く想う。それが責任だとも思う。だが、
君は、職場で・部活で・居住域で・組織/団体で・党その他で
上や周りや慣例や空気に抗って人権を巡る自説を通そうと試みたことがあるか?あるいは為したことがあるか?

他者をその属性でステレオタイプに評価し、自身の帰属を求めて彷徨する精神に生き、帰属する組織/団体への属性を決して捨てることなく、指示・命令に抗うことのない時間。
そして奥崎氏の元上官の中に自身を観ることの無い文脈で奥崎氏の上官を語るな!そう想った。

ところでお前はそうして来たか?しているのか?と問われれば、ワシはもちろんその自信はないのだ。
『ゆきゆきて 神軍』はその意味で「しんどい」映画だったが、原監督の講演は、そうしたテエマに立往生するワシらをユーモアを交えて解きほぐしてくれた。そして一夜明けてジワリ迫って来るものの正体から逃げられない。

ほろ酔い交遊録:カミ君続報③

【私事 カミ君その後】

デンマーク人:カミ・ニルソン(元イラン人:カームラン・タビビアン)。
カミ君は神の子か (笑) !? 1990年代に10年間 不法滞在イラン人だった時も驚きの強運で、次々と難題を乗り越え生き延びた(92年我が社{ 施工業の労組自主経営企業の飲食事業部 }にバイトで勤務)が、今回も多くの方のご尽力で魚卸業社が出している店、それも本人の希望通り「魚料理と寿司の店」で見学・研修させてもらうことになった次第。
デンマーク(ホテルの食堂に勤めている)へ帰ったら、将来寿司店をやりたい。日本人の妻が欲しい(?)・・・と永年の夢を語っている。
趙博さん・呉光現さん・川瀬俊二さんやワシの友人、多くの方から助言をいただきました。北摂ユニオンの江坂セントラルホテル争議以来の付合いの河崎さん・茨木で居酒屋「ゆんたく」を経営していた黒肥地さんに店を紹介いだだいたのです。特に黒肥地さんにはご尽力いただきました。彼女は「茨木ゆんたく」閉鎖後、「井上水産」という「魚料理と寿司の店」にパートで入ってます。自身の職場に引き合わせてくれたわけです。店もよく受容れて下さったことです。カミ君がいい加減だったら彼女の信用にかかわるのです。みんな、カミ君の人柄を認めてくれたのでした。
がんばれ、カミ。
井上水産様・黒肥地さん・河崎さん、本当にありがとう!

帰国する月末まで、短期間ですが「井上水産」に居ますので、この間相談に乗って下さった方々や、1990年代の不法滞在イラン人としての彼を知る人も、もし時間あれば是非訪ねてやって下さいね! 23日(日)・28日(金)は確実に居ります。地図付けときます。

【画像】
*上左:黒肥地さん非番の日にお店に依頼してくれたの図
*上右・中左:カミ君勤務風景。
*中右:勤務後数人のお客さんと歓迎会
*下:デンマークの勤務先で職場仲間と

 

ほろ酔い交遊録:カミ・ニルソン大阪滞在記②

9月11日。
デンマーク人:カミ・ニルソン(元イラン人:カームラン・タビビアン)君の
大阪滞在記続編。
市内である集まりがあり、ワシはその会の後カミ君と食事する予定だった。
会が終わり呑み会に参加するに当たり、たまたまその集まりで、難民・国民国家・民族・EU・貧困・外国人労働者・自主管理社会主義などの言葉が出た会だったので、カミ君の同席を申し出たところ了解をもらった。心斎橋から向かったカミ君は、多少迷ったが昔(1990年代)オーバー・ステイ数年のイラン人としてキタもミナミも知る土地勘を活かし程なく到着。(カミ君は、ワシらの労組自主経営企業体で92年から短期1年半バイトをした。長い詳細は先日9月6日投稿済ゆえ割愛)
デンマークでは「言語」「社会常識」のスクールに通い、政府指定の社会奉仕的作業に就けば生活出来る程度の収入と住居が提供される。4年間続ければ「国籍取得」出来る制度がある。カミ君は、あと数か月後晴れて国籍取得だ。いま、そのスクールはシリア人で溢れているという。

ほろ酔い交遊録:【奇妙な寄合い】~国境・民族を超えて~

【奇妙な寄合い】~国境・民族を超えて~
デンマーク人(90年代半ば日本在オーバーステイの元イラン人):カミ・ニルソン51歳。
在日朝鮮人二世(浪速の歌う巨人パギやん):趙博61歳。
「アジール空堀」世話役(25年前、カミの雇用主):橋本康介70歳。
日本人(国籍取得 元イラン人、京大卒、貿易商):ムハンマド・シャジャリ60歳。
*シャジャリ氏とは、清真人氏の紹介で30数年前に知り合った。

1977年スタートしたワシらの労組自主経営事業体が、店舗設計施工という本業以外に1990年代に居酒屋・他の経営にも手を伸ばしていた時期。
93年たまたま知り合ったギリシャ人(当時の自称)を飲食部門のホール係バイトで雇用した。カームラン・タビビアンという。彼はよく働き、上司にも仕事仲間にもお客さんにも好かれ1年強働いた。ギリシャ人の自国呼称:エリニキを知らず、他国の者だとワシにバレた。訊くと、オーバーステイのイラン人。当時20代後半のイケイケ外人。
書き切れない量と事情のいきさつを経て、ワシらの事業体を去って数年後、ワシらの本業と関連事業が破産(98年)したころ、自ら入管へ出頭し自費でイランへ帰国した。
2014年2月、ワシの携帯に彼から電話。何と、デンマークから。デンマーク国籍取得を目指し「語学」「社会常識」のスクールへ通い、政府指定の作業をして住居と給与が与えられる。
2015年に「たこ焼き」「お好み焼き」「焼きそば」のレシピ研究だとかで来日。その時はあと二年で国籍取得だと言っていた。今、デンマークでは国籍取得スクールには圧倒的にシリアの人が多いという。う~ん・・・。
その彼が先月の彼の懇願に応じて発した、ワシの「招請状」「身許保証書」で、またまたやって来た。今回は「寿司を知りたい」だ。あと数か月で国籍取得らしい。どうなることやら・・・。
で、顔の広いパギ、イラン人保護の通訳もしているシャジャリ氏(カミの相談役を押し付けた?)、ワシ、カミの会となった。ミナミのゲストハウスに投宿するカミの支援を話し合った。
趙さん、シャジャリさん、お忙しい中ありがとう!

Ken Luckbook

おー懐かしい!シャジャリさん。彼の兄も一緒に北新地で飲みましたね。シャジャリさんとは数年前まで年賀状を交わしていましたが・・・カミがいた南のバーに行もきましたね。もう20年になりますか・・・?

 

橋本 康介  研ちゃん。

諸事情(言葉の問題、他のバイトとの行き違い、その他)で、ワシらの企業を辞めた後、彼独特の「人懐っこさ」を武器に「支援者」を得てミナミの小さ店舗を「又借り」できて、開店したのが何と「ギリシャ・バー」(笑)。壁にはエーゲ海の碧と海岸崖の白い建物の絵が掛かっていたねぇ。まぁ、インチキと言えばインチキだが「エーゲ海気分」でカクテルでも呑んだ客は別に不快には思っていないだろうから「OK」なのだ。

トマトとルッコラ(かな?)とキノコにチーズがたっぷり入ったギリシャ・オムレツというメニュウもあって、なかなか美味しかった(笑)。

ワシは実のところ、不法滞在だった彼の知恵と工夫を全く怒ってはいない。尻拭いした案件(**関係、ヤバイこともあった)も多少はあったが、むしろ出会いに感謝している。けど、ギリシャに詳しい客が来たらどうすんの?と不安だったなぁ~。

駄エッセイ:『年をとる・・・。それは己が青春を 歳月のなかで組織することだ』

交遊録:川口真由美 サンダルの緒を切らすの巻。クラウデイア・カルディナーレ

ちょっとコーヒー・タイム
【君は C.C. を知っているか?】

『サンダルの鼻緒切らして京三条 裸足が掴む かの浜の熱』

サンダルの緒を切らした川口真由美さんが、履物店を探して裸足でアスファルト路を歩く顛末がFBに投稿されていた。
裸足が似合う女優(1960~70年代のイタリア女優)クラウディア・カルディナーレを思い出し、返信したら「C.C. 知らないんです。調べますね」。そうか、うちの娘と同世代のはず、知らないわけだ。このC.C.さん、川口さんにちょっと似てるとも思うので、調べさせるのも申し訳なく下記にワシがまとめまっさ。
往年のイタリア映画への未練の情ですな。

【C.C.資料】(まとめbyワシ)
1950年代前半デビューのフランス女優ブリジッド・バルドーをB.B. (Brigitte Bardot)と呼んだのに対して、遅れること数年、1959年『刑事』ラストで「アモーレ・アモーレ・ミオ」のテーマ曲が流れる路上、逮捕され警察車で護送される愛人を追い続け走る女の役で、世に認められたイタリア女優クラウディア・カルディナーレをC.C. (Claudia Cardinale)と呼んだ。
(両者の年齢は4歳違いと聞いている)
いずれも戦後女優の枠を超えていた。B.B.が道徳や規範を超えたいフランス現代娘の、奔放さをやや退廃的に都会的に打ち出した女優だとしたら、C.C.は戦後間もない頃のイタリアン・ネオリアリズム映画群(戦後直後の『無防備都市』『戦火のかなた』『自転車泥棒』『揺れる大地』他)が変化を遂げる曲がり角に登場した、それらの映画の主人公たちの云わば「思想的」「階層的」な子弟を映し出す、野生派とか場末派と称された女優だった。
大雑把に言って(大雑把は嫌いなのだが)B.B.が中産階層子女の反逆を体現していたとしたら、C.C.は下層階層・労働者層子女の強(したた)かな庶民的な生命力を体現していた。
画面で素足だったかどうか記憶は曖昧だが、『刑事』のラストシーン、『鞄を持った女』の海辺のシーンは、ワシの中では素足でなければならないのだ(笑)。それほど素足が似合う女優さんだった。

代表作品:
『刑事』(1959年、ピエトロ・ジェルミ監督)
『若者のすべて』(1960年、ルキノ・ヴィスコンティ監督)
『鞄を持った女』(1961年、ワシの青春の一作です)。
『ビアンカ』(1961年、19世紀末フィレンツェの娼婦。相手役はベルモントだった)
『山猫』(1963年、ルキノ・ヴィスコンティ監督。ランカスターの渋さにKO)
『ブーベの恋人』(1963年、ブーベ役はジョージ・チャキリスだったな)

この後、ハリウッドに進出して多くの作品(「ピンクの豹」「サーカスの世界」「プロフェッショナル」「ウエスタン」他、)に出たが、ハリウッドはC.C.を消費され消えて行く女優の一人としてしか見ていなかった。登場人物的にも、役者的にも目ぼしいものはない。彼女にのみ責任が有るのではなく、イタリア映画界自体の斜陽化・衰退が進みイタリアン艶笑劇・ポルノまがい映画・エログロナンセンス物が続いた。イタリア映画よ どこに行った?という時代が続く。ハリウッドはヨーロッパ女優の多くを喰い尽くしたとも言える。
大リーグに進出したが、個性と能力を発揮できない野球選手と似ていなくもない。
ともあれ、戦後ヨーロッパ映画最後の女優さんのひとりだったと思う。
ワシのイチ押しの代表作は『鞄を持った女』。続いて『山猫』。

交遊録:瀑一人・埴生美伽による子近現代恋愛絵巻への期待

昨夜(8月21日)は天満「フラット フラミンゴ」でのシャンソンライブへ

もちろん、美伽子さんの磨いたシャンソンはさらに説得力を増していた。 それ以上に、
「マックザナイフ」に乗せての『お定のモリタート』(通称「安倍定事件」より)はすこぶるGood!
後半部の「宵待草」「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」を含め、ワシはある冊子を思い浮かべていた。明治~昭和つまり20世紀日本の恋愛物語の一大歌絵巻を構想したら面白かろうと、独り頷いて居りました。

埴生さんの歌相が、近代を追って走った明治、大正ロマン、軍靴の昭和、戦後焼跡闇市・・・、それらの風景と匂い、街の色と音に近づいているように思えたのです。

生意気ですが、10年後も観たい聴きたい・・・なんちゃって。
(画像右は1979年、平凡社「別冊太陽」『近代恋愛物語50』)

恋は時代というもの総体の鏡だ!

つぶやき:素人の 俳句?短歌?

波部壽一 『遠き日の汗と涙や甲子園』。「甲子園」は季語ではないと思います。「汗」は夏の季語です。
橋本 康介 汗と涙・・・? ワシはちと違う感慨から、全く私的な某年某月の無謀の夏を・・・。
波部壽一 橋本さんの句を受けて、作った作品ですから、少し無理があります。実は、私はあまり野球が好きではありません。
橋本 康介 ググると「甲子園は季語だ」という説もありますが、インフレでしょうね。
波部壽一 「歳時記」も何種類か出ているので、季語にしているものもあるのだと思います。私の手元の歳時記(三種類)には、季語として、載っていません。春の高校野球の大会もありますから、「甲子園」で夏の季語は無理があるように思います。
波部壽一 「汗」はどのような歳時記にも、夏の季語として載っているはずです。しかし、季語にとらわれないで、俳句は作っても良いと思います。私の知人で「無季の句」を作っている人もいます。

橋本 康介 そうですね。ともあれ、好きではない甲子園騒ぎに、某夏の稚拙で驕慢な出来事を反芻する老ではあります。いずれにせよ、汗と涙の甲子園というステレオタイプの青春賛歌という流れだと読まれるのは、一重に作者の責任。反省します。

波部壽一 私は俳句を始めて三年になります。俳句教室に通っています。「汗と涙」などという、手垢にまみれた表現を使うと、まず、教室で先生の「選句」には入らないでしよう。
橋本 康介 甲子園とあれば、即青春の汗と涙と発想する陳腐さから離陸したい、という皮肉を込めたつもり。



つぶやき:同居人と甲子園

Search